みなさまこんにちは
当院ではこの時期、絵葉書をお配りし始めます。今年は動物養生訓絵葉書です。
 ぜひお手にとって、ポストカードとして、小さいポスターとしてご活用いただけたら嬉しいです。
こちらがその絵葉書です。
日々気をとめていただきたいなという内容になっております。

歯磨き
歯磨きは、毎日行うことで歯の健康の保持になります。動物にとって歯は、食べるため即ち生きていくために大事な組織です。
人は、赤ちゃんの時から歯磨きをするように
わんちゃん猫ちゃんのも赤ちゃんの時からできるといいですね。
でも、何より大事なのは毎日歯磨きすることです。

百会の温灸
温灸は火を棒灸につけて行うものですので難しい場合もあるかと思いますが腰を温めることは良いことです。
歳をとっていなくても、腰痛がなくても冬場は特に行っていただきたいです。
火を使うのが心配な場合はカイロや温タオルやホットパックの類で代用できます。

気をとりこむ
今の時期は晴れて空気が澄んでいると富士山がものすごくきれいに見えますね。
そうゆう時はとてもいい気分になり、いい気分になると生活や仕事がはかどります。
動物たちも、、富士山が観たい!!と言っているかもしれませんのでお散歩で富士山が見えたらぜひご一緒に!

腹八分目
うちのプードルのイタズラ部長が以前ドッグフード食べ放題を勝手にした時、
腹一杯になっても食べるのをやめませんでした。
胃のキャパシティー以上でした。
ですので
腹八分目ぜひ心がけたいものです。

食養生
季節のエネルギーの豊富な旬のものをいただいてください。
これからの季節のおすすめ
鹿肉、ブロッコリー、黒胡麻

腰をいたわる
私ごとですが去年椎間板疾患からと思われる足の痺れに悩まされた時期がありました。
腰が痛い時は正しい姿勢をしていると痛みも和らぐため
日々気をつけるのですが症状が良くなると悪い姿勢で過ごしたりしてしまいます。
体は本当は悲鳴を上げているんだろうなとそうゆう時わかります。

わんちゃん猫ちゃんは耐えきれなくなって飼い主さんに訴えてきます。
ですのでぜひいたわりの気持ちを意識していただきたいと思います。

以上簡単ですが本趣旨を書かせていただきました。
日々養生に活用していただき元気で楽しい生活のお役に立てたら幸いです